中央大学附属中学校・高等学校

中央大学附属中学校・高等学校

よくあるご質問

よくあるご質問

入試について

出願方法について教えてください。
インターネットで出願を受け付けます。
12月1日から本校ホームページ上に出願サイトを設置します。
必要な書類をダウンロード、印刷していただくことになります。
学校案内の入手方法について教えてください。
5月下旬以降本校事務室窓口で無料配布します。学校説明会、オープンキャンパス、校内見学、文化祭でも無料配布しております。なおWebパンフレットでも公開しています(学校案内入試要項・ガイド)。
過去の入試問題の入手方法を教えてください。
本校が独自に作成している過去問題集はありません。市販の過去問題集をご利用ください。校内の生協売店でも割引きで購入できます。なお、昨年度の入試問題は、こちらのページで公開しております(解答は公開しておりません)。
校内見学はできますか? また、自由に見学できる学校行事などはありますか?
校内見学は事前予約制です。事務室(042-381-5413)までお問い合わせください。 なお、学校行事は文化祭(9月)を公開しています。予約は不要ですので、お気軽にお越しください。学校行事についてはこちら(中学校高等学校)をご覧ください。
学校説明会とオープンキャンパスの違いについて教えてください。
学校説明会では、本校教員と生徒による本校の教育内容や学校生活についての説明をいたします。全体の説明終了後は、校内の施設見学やクラブ活動見学、入試質問コーナーを設けております。予約は不要です。
一方、オープンキャンパスは希望者を対象に、ミニ授業を実際に体験していただくことをメインとするイベントです。体験授業と並行して簡単な学校説明も行います。当日はこの他に、校内の施設見学やクラブ活動見学、入試質問コーナーも同時に設け、校内をオープンにしています。体験授業など事前予約が必要となるものがあります。
日程等はこちら(中学校高等学校)をご覧ください。
入試事前相談は行っていますか?
本校では成績や模試結果等に基づく個別の事前相談は行っていません。ただし、受験に関する一般的な質問等については、 学校説明会等でお答えしています。
現在、遠隔地(都内・隣接県以外)に居住していますが、出願できるでしょうか?
遠隔地に居住している場合でも出願は可能です。ただし、入学後、学生(生徒)専用の寮などからの通学は、学校として生活指導上、 好ましくないものと判断しています。従って、都内・隣接県に居住する保護者あるいは保証人(3親等以内親族)のもとからの通学とします。
転入学は可能ですか。
本校では転入学入試は実施しておりません。
中学入試の合否判定基準を教えてください。
こちらをご覧ください。
中学入試では模試などの偏差値は合否判定に使われますか?
使っていません。
高校入試では調査書の内申点は、3年生の2学期の通知表の評定と同じですか?
評定は各都道府県立高等学校へ提出する調査書に記載されたものと同一内容です。各自の調査書の評定については、在学中学校に確認してください。
出欠状況は合否に影響しますか?
中学校、高等学校とも欠席日数や遅刻・早退の回数が甚だしい場合は、不合格となることがあります。
合格者の男女比について教えてください。
中学校、高等学校とも入学者が男女ほぼ同数となるように、合格発表を行っています。しかし、試験の結果により、男女の点数差があまりにも 大きい場合には、その限りではありません。
入学手続の延期はできますか?
中学入試では入学手続延期措置はありません。 なお、一旦納入された入学検定料および入学金(入学申込金)は、理由のいかんを問わず返還しません。
高校入試では、入学手続の延期ができるのは一般入試で合格した場合のみです。まず、定められた期間内に入学申込金29万円(本校入学決定時には入学金となります)を納付のうえ、延期の手続を行ってください。各都道府県の公立一般入試(第一次・分割前期)合格発表日の翌日まで入学手続書類の提出を延期できます。その日以降の手続は認められません。延期手続を行った後に、本校への入学を決めた場合は、延期期限までに入学に必要な手続書類を提出すると、入学手続が完了となります。授業料等の学費は入学してから納入していただくことになります。なお、一旦納入された 入学検定料および入学金(入学申込金)は、理由のいかんを問わず返還しません。

高等学校一般公募制推薦入試について

推薦入試を受ける場合、同じ中学校から応募できる人数は1名だけですか?
条件を満たせば同じ中学校から何名でも応募することができます。複数の合格者を出した中学校もあります。
推薦入試では、何が重視されるのですか?
必修9教科の内申素点合計点が重視されます。
合格者の選抜はどのように行われるのですか?
こちらをご覧ください。
小論文の評価がD判定とは、どのような場合ですか?
課題文とまったく違った内容の文章を書いたり、字数が大幅に不足していたり、誤字脱字だらけであったり、全文にわたって文意が不明確であった場合などは、Dの評価がつく可能性があります。課題文の趣旨に即した内容で、意味が通る文章であれば、Dの評価がつくことはありません。
昨年の小論文について教えてください。
昨年度の小論文の問題についてはこちらで公開しています。

学費について

学費はどのくらいかかりますか?
2019年度入学生対象の学費等はこちら(中学校高等学校)をご覧ください。

学校生活について

授業1時間は、何分ですか?
50分です。
授業は1日、何時間ありますか?
現在は月曜日~金曜日は6時間、土曜日は3時間です。
登下校の時間を教えてください。
8時35分のショートホームルームに間に合うように登校します。月曜日~金曜日は15時15分、土曜日は11時35分に授業が終了します。中学校はその後、ショートホームルームを終えて下校となります。部活を含め、最終下校時刻は18時です。
大学附属校ならではの授業はありますか?
中学校では、例えば法科大学院(ロースクール)で行う「法教育」体験授業プログラムや、理工学部の学生実験室を利用して、中学理科の枠にとらわれない実験を行うProject in Scienceなども実施しています。
高等学校では、大学の先生に来ていただき、高校生向けに専門分野の講義を行ってもらう「ステップ講座」や、中央大学で授業を受ける「オープンキャンパス」、また、3年生の3学期には進学内定学部別の「特別授業」等があります。その他、中央大学経理研究所の指導による 「簿記講座」や保護者対象の中央大学キャンパス見学会等もあります。
詳細はこちらをご覧ください。
補講・補習を行いますか?
生徒の理解度や試験の結果をみて、必要に応じて補講・補習を行っています。
習熟度別授業はありますか?
中学3年生の数学で一部習熟度別授業を行っています。
教員は中学校と高等学校では別々ですか?
中学校と高等学校の両方の授業を担当する教員もいます。年度によってかわります。
自転車通学は認められていますか?
公共交通機関の利用を原則とします。中学生で自宅が学校から2.5km以内にあり、自転車通学を希望する場合は、学校の許可が必要です。高校生は自宅からの通学に限り認められます。
生徒食堂はありますか?
中学校では昼休みに中学校校舎内のランチルームを利用できます。
高等学校では一度に176人利用できる食堂があります。
中学食堂、高校食堂ともに低価格と豊富なメニューで生徒に好評です。さらに、サンドウィッチやおにぎり等の軽食を購入することもできます。
携帯電話やスマートフォンの所持は認められますか?
中学校では所持は認めますが、学校にいる間は電源を切り、個人ロッカーに入れて保管しています。保護者の方が緊急に本人と連絡を取る必要が生じた場合には、学校に直接連絡していただきます。
高等学校ではTPOに合わせた使用を指導しています。
クラブ活動の日数と活動時間を教えてください。
中学生のクラブ活動は、1年生では週3日程度で、活動時間は17時30分までです。
高学年になると週5日程度になります。
高校生は週5~6日程度活動しているクラブが主です。
クラブの加入率はどのくらいですか?
例年、中学1年生~高校1年生は約90%、高校2・3年生になると少し減少します。
クラブ活動は中高一緒ですか、別ですか?
それぞれの部の活動内容により、中高一緒に活動する部と別々に活動する部に分かれます。
高等学校では制服はありますか?
学校指定の制服はありません。「制服」スタイルの生徒もいますが、各自が自由な服装をしています。男女とも清潔感のある服装であれば問題ありません。
生徒の平均通学時間はどれくらいですか?
通学時間調査では、中学生は30〜60分が約5割、60〜90分が約3割、高校生は30~60分が約4割、60~90分が約4割という結果でした。また、中高とも2時間かけて通う生徒も在校しています。
学校生活を送る上で、いろいろな悩みや相談したいことがある場合、ケアをしてもらえるようなところがありますか?
中学・高等学校それぞれに相談室があり、カウンセラーが皆さんの悩みや相談に対応しています。相談室では相談に来た人のプライバシーを守るため個室を設けています。充実した学校生活を送るためには心の健康がとても大切です。困ったことがあれば、一人で悩まず、遠慮なく相談にきてもらえるようにしています。また、保護者の方からの相談も受け付けています。

進学について

附属中学校から附属高等学校への推薦について教えてください。
本中学校の全課程を修了見込みの生徒は、学校長の推薦により、中央大学附属高等学校への進学が認められます。ただし、著しく学習意欲が低い生徒や、基本的な生活習慣が確立できていない生徒については、附属高等学校への進学を認めない場合もあります。
中央大学が併設している他の附属高等学校への推薦による進学は可能ですか?
中央大学が併設している他の附属高等学校への推薦は行っていません。
大学進学状況はどうですか?
近年、中央大学へは85〜90%が推薦で進学しています。
国公立大学や中央大学以外の私立大学への進学は10〜15%となっています。
こちらのデータをご参照ください。
中央大学への推薦で、進学する学部は自由に選べますか?
学部・学科ごとに推薦枠があります。1年生1学期から3年生2学期までの定期試験の結果と、学力テストの結果から推薦席次が決まり、順位の高い生徒から希望学部・学科を選択できます。
他大学併願受験制度とは、どのような制度ですか?
中央大学への推薦資格を保持したまま、他大学を受験することができる制度です。
私立大学については中央大学にない学部・学科のみ受験することができます。
国立大学についてはいずれの学部・学科も受験することができます。

その他

緊急時の対応について教えてください。
保護者への緊急連絡は、一斉配信メールまたは電話及びホームページによって行われます。なお、校舎の耐震性基準は満たしています。大規模災害等で万が一校舎内に宿泊することになった場合も全生徒が3日間過ごせる程度の食料と水等を用意しています。
再入学の制度はありますか?
中学校については、保護者の転勤により、一家転居のため退学した場合は、書類審査と面接試験で選考の上、再入学を認めることがあります。 ただし、再入学の時期は、中学3年生の2学期開始前までとし、本校在籍期間が総計で1年半以上必要です。
高等学校についてはありません。
お問い合わせ
  • 入試情報
  • 資料請求
  • 交通アクセス