中央大学附属中学校・高等学校

中央大学附属中学校・高等学校

NEWS & TOPICS

NEWS & TOPICS

SSH課題研究が学会誌に掲載

2019/06/04

本校SSHの取り組みが、日本情報教育学会の論文誌『情報教育第1巻』に掲載されました。研究では、"Chufu-compass"というコンピテンシー自己評価システムを使って、高校生が抱える資質・能力面での課題を抽出しています。"Chufu-compass"は、中央大学が開発した"C-compass"を、高校生向けに書き換えたものです。研究論文の中では、「10年トランジション調査」でまとめられている、以下の考察との関連について言及しています。

・高校2年生の半数は、さほど資質・能力を変化させることなく大学生になる。

・高校2年時の家庭学習や対人関係・コミュニケーション、キャリア意識が、大学1年時の資質・能力を含め、さまざまな側面における学習に影響を及ぼす。

(「学校と社会をつなぐ調査」2時点目成果報告書(2017年6月)(成果報告書PDF)より引用)

学びに向かう力をどうハカるか?
―コンピテンシー自己評価アンケート分析―

https://www.jstage.jst.go.jp/article/rrie/1/0/1_8/_pdf/-char/ja