中央大学附属中学校・高等学校

中央大学附属中学校・高等学校

NEWS & TOPICS

NEWS & TOPICS

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)成果発表会の開催について

2019/01/11

本校は2018年度に文部科学省より、第1期目となるスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受け、研究開発に取り組んでおります。

本年度の成果の一つとして、下記の通り「SSH 成果発表会」を下記の通り開催することとなりました。

ご参加頂ける場合は、こちらよりお申し込みください。

 

1 日時 2019年2月20日(水) 9:00~15:15

 

2 会場 中央大学附属高等学校 1号館および講堂

     〒184-8575 東京都小金井市貫井北町3-22-1  ℡042-381-5413

 

3 対象 SSH指定校の教職員・生徒、東京都内中学校・高等学校の教職員・生徒、

     本校SSHの研究開発協力者・運営指導委員、本校生徒・保護者、一般参加者

 

4 日程

   9:00~10:30 ポスター発表  1号館各フロア

  10:45~12:35 口頭発表    講堂

        12:35~14:15  校内ポスター   1号館各フロア

        14:25~15:15  SSH講演会    講堂

        講師 神崎亮平教授(東京大学 先端科学技術研究センター所長)

          演題 「~未来を拓くみなさんへ~ 昆虫が拓く新しい科学と技術の未来」

 ※なお、13:15~15:10に中学3年生による「沖縄修学旅行学習報告会」も行っております

 

5 発表者(履修科目)

  口頭発表・ポスター発表

  ○平成30年度 SSH課題研究実施生徒

・高校3学年 理系コース 卒業研究

・高校2学年 教養総合Ⅰ「Project in Science Ⅰ」

「マレーシアの自然調査と観光資源開発(ランカウイ島)」

「光とオーロラの探究(フィンランド)」

「数学を英語で(カナダ)」  

「トレーニング科学」

 

ポスター発表

○「教養総合Ⅰ」各科目 課題研究実施生徒(高校2学年)

・「アントレプレナーシップ入門(シンガポール)」

・「日豪関係を考える(オーストラリア)」

・「中世都市クラクフとアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所」

・「韓国の『現代』を日本との関係から考える」

・「トランスサイエンス フクシマとオキナワを通して近代化・科学技術を考える」

・「日本の近代戦争と靖国神社」

・「災害に学ぶ わたしたちにできる防災と支援」

・「音楽研究」

 

※口頭発表、ポスター発表の内容などの詳細については、2月以降の本校SSHホームページをご覧ください。