中央大学附属中学校・高等学校

中央大学附属中学校・高等学校

NEWS & TOPICS

NEWS & TOPICS

中学:スクールランチ 第12ラウンド(11月27日〜12月1日)で2学期最終となります

2017/11/29

 今年、最終となる第12ラウンドのテーマはクリスマスです。今回の献立は、カレーピラフ、照り焼きチキン、ミニアメリカンドッグ、サラダ、野菜スープ、クリスマスケーキで、栄養価は1130カロリーです。
 クリスマス料理は元来クリスマス当日、教会でのクリスマス礼拝を終えて、家族単位で祝って食するディナーを言います。近年では クリスマスの前夜、つまりクリスマス・イブのディナーが一般化しています。イギリスやアメリカでは七面鳥のローストがメイン。フランスではローストチキン。オーストラリアでは羊肉のローストなのですが、羊の肉は月齢別にラム(12ヵ月未満)、ホゲット(12~24ヵ月)、マトン(24ヵ月)に分類され、ホゲットが使われます。デザートは国により大きく異なります。イギリスでは果物や香料を入れた黒褐色のプリン(クリスマス・プディング)。アメリカではクリスマスケーキ。フランスでは大きなまきの形をしたケーキのビュッシュ・ド・ノエルで、昔、クリスマス・イブに大きな薪をたいた習慣によるらしい。ドイツでは、白い粉砂糖をふった堅いフルーツ入りのシュトーレンとよばれるパンです。
 そもそも日本で最初にクリスマスが行われたのは1552年にイエズス会のザビエル(シャビエル)が山口で信徒を集めて12月24日に行ったミサだとされています。今日のような広がりをみせる切っ掛けとなったのが、1904年に銀座の明治屋が店頭に飾ったクリスマスツリーと、1910年に不二家が販売したクリスマスケーキですが、宗教に関係なくクリスマスはこの後、広く日本に定着することになります。  今回は特別に、クラスに1名だけなのですが、スープに星形のニンジンが入っている生徒にはプレゼントが用意されていました。