中央大学附属中学校・高等学校

中央大学附属中学校・高等学校

大学との連携

大学との連携

「法教育」に関する体験授業

中央大学の附属校ならではのプログラムです。

中学3年次に、中央大学法科大学院(ロースクール)を訪れ、事前学習として裁判のしくみや流れ、あるいは裁判員制度についての講演を聞いたうえで、大学院の教授陣や院生による指導のもと、模擬法廷教室において実際の裁判の手順ややりとりを体験します。

プロジェクト・イン・サイエンス

実際に体験する科学教育を重んじる本校ならではのプログラムです。
中学3年次に、中央大学理工学部の学生実験室を利用して、中学理科の枠を超えた、物理系・化学系ふたつの系統に関わる実験を行います。知的好奇心を伸ばし、科学に親しむことはもちろん、理工学部の学生たちと楽しく語らうことのできる場でもあります。

ステップ講座

高校2年生を対象として年4~5回開催される講座で、中央大学を始めとする大学の教授陣が、高校生向けに専門分野のおもしろさや研究方法などを講義するものです。

いま大学ではどのような学問研究や授業が行われているのかを高校にいながら体験することができ、ガイドブック等では知ることのできない大学での研究・教育の具体的なイメージがつかめることから、生徒たちには、興味・関心・適性に応じた進路の選択に大いに役立つ講座です。

文学部特別公開講座

中央大学文学部の「オープンキャンパス」です。例年7月に、中央大学附属4高校と中央大学多摩キャンパス近隣校の生徒を対象として行われます。

生徒たちは、文学部13専攻の教授陣によって1コマずつ用意された講座の中から、興味・関心に応じて選択して受講することができるほか、文学部学生による専攻紹介やキャリアセンター職員による就職状況の説明なども聞くことができ、中央大学文学部の学問内容や環境に接し得る好機になっています。

多摩オープンキャンパス

中央大学附属4校の高校1・2年生を対象に、中央大学多摩キャンパスにおいて開催されます。

中央大学の概要、法学部・経済学部・商学部・総合政策学部の各学部ガイダンス、模擬授業、相談会、キャンパスツアー等が、会場と時間とを分けて行われ、生徒はそれぞれが選んだガイダンスや授業への参加をとおして、大学全体や各学部の特徴、そして大学での学問についての理解を深め、自らの進路選択をより主体的・具体的に考えるための絶好の機会となります。

後楽園オープンキャンパス

中央大学附属4校の高校1・2年生を対象に、中央大学後楽園キャンパスにおいて開催されます。

中央大学理工学部のガイダンス、模擬授業、相談会、キャンパスツアー等が行われ、生徒はそれらをとおして、理工学部内の各学科・専攻の特徴や研究内容についての理解を深めることができ、自らの適性や興味・関心にマッチした進路選択を考える好機となります。

総合政策学部体験授業

高校3年生を対象にした、中央大学総合政策学部の「公開授業」です。生徒はガイダンスの後、いわゆる模擬授業ではない、中央大学の学生が実際に受けている授業の場に参加するという、願ってもない貴重な体験をとおして、総合政策学部の学びの領域や実態を知り、進路についての選択の幅を拡げることができます。

特別授業

高校3年の「特別授業」は、中央大学に進学が決まった生徒に対して行う、プレ講義。内定学科の内容に応じた選択授業を用意しています。

簿記講座

日商簿記検定資格の取得を目的に、中央大学経理研究所が主催し、本校の生徒を対象に開講している講座です。将来の目的として公認会計士を希望する生徒にとっては、中央大学在学中にその合格を可能にするために必要不可欠な簿記の基礎学力の養成することにも自ずからつながっていきます。土曜日・日曜日・休日を利用して日商簿記3級は13回、日商簿記2級は24回の講座が用意されています。

附属4校英語スピーチコンテスト

2007年から、「附属各校の生徒の知的レベル向上を図る機会」として開催されているコンテストです。中央大学高等学校、中央大学杉並高等学校、中央大学附属中学校・高等学校、中央大学横浜山手中学校・高等学校の4校から、それぞれの学校で行われる予選会を勝ち抜いた生徒たちが本選の場に集い、中央大学の教壇に立つネイティブの先生方による審査を経て最も優れたスピーチに対して贈られる「中央大学総長賞」の受賞を目指し、毎年しのぎを削ります。

進学・進路
  • 入試情報
  • 資料請求
  • 交通アクセス