中央大学附属中学校・高等学校

中央大学附属中学校・高等学校

課題図書100冊

課題図書100冊

高等学校

卒業までに100冊を読破。中附伝統の"課題図書"

文学作品のほか、文系・理系を超えた多様なジャンルから選定される“課題図書”。
卒業までの3年間で100冊を読み終えるころには、読解力・思考力が養われます。
今や中附の伝統になっている「課題図書」。
3年をかけて100冊読むというもの。
中附ならではの特色は、選ばれる本の分野が幅広いこと。
日本文学、外国文学をはじめ、評論、歴史、芸術、社会、経済、科学からミステリーやSF、話題の文芸作品までさまざま。
しかも毎年選ばれる本は変わります。
時間が経つのも忘れるほどおもしろい本も、難しくてなかなか進まない本も読んでいくうちに読書がクセになっていることでしょう。
読書の習慣をつけることは、読解力や思考力を養うこと。
何より自分の人生を決める大切な一冊と出会えるかもしれません。

教育・学校生活

中学校

高等学校

中学校・高等学校 共通

  • 入試情報
  • 資料請求
  • 交通アクセス