中央大学附属中学校・高等学校

中央大学附属中学校・高等学校

沿革

沿革

中央大学附属中学校・高等学校のあゆみをご紹介します。

明治42年 3月 目白中学校設立認可。
4月 東京府豊多摩郡落合村(現・新宿区下落合)の近衛家屋敷地内に、東京同文書院に併設して創立。初代校長に侯爵 細川護成就任。
大正4年 4月 第二代校長 侯爵 細川護立就任。
大正12年 4月 第三代校長 柏原文太郎就任。
大正15年 9月 東京府北多摩郡練馬村(現・練馬区高松町)に移転。
昭和10年 4月 東京市杉並区中通町(現・杉並区今川)に移転し校名を杉並中学校と改称。
初代校長 岡本隆治 就任。
昭和12年 4月 第二代校長 孫田秀春就任。
昭和15年 3月 第三代校長 岩本春市就任。
昭和23年 3月 財団法人杉並高等学校設立認可。岩本春市 初代校長に就任、併設中学校長を兼務。
4月 学制改革により、(新制)杉並高等学校・杉並中学校となる。
昭和26年 3月 学校法人杉並高等学校設立認可。
昭和27年 5月 学校法人中央大学に合併認可、校名を中央大学杉並高等学校と改称。
初代校長 岩本春市就任。
昭和38年 1月 中央大学附属高等学校設立認可。
3月 東京都小金井市貫井北町に新校舎竣工、移転完了。
4月 中央大学附属高等学校と改称。初代校長 岩本春市就任。
昭和41年 4月 第二代校長 金子文六就任。
昭和44年 5月 第三代校長 伊津野正就任。
昭和46年 7月 春日山荘竣工。
昭和48年 10月 第四代校長 小松春雄就任。
昭和49年 12月 第五代校長 冨田彦一就任。
昭和50年 11月 第二体育館竣工。
昭和53年 3月 図書館棟、第一部室棟、第二部室棟竣工。
昭和56年 3月 新柔・剣道場竣工。
昭和57年 11月 青年象「蒼穹」建立。
昭和60年 4月 第六代校長 新井正男就任。
昭和63年 10月 講堂・第一体育館棟竣工。
平成元年 4月 第七代校長 山田健三就任。
平成5年 4月 第八代校長 深澤俊就任。
平成9年 4月 第九代校長 中西又三就任。春日山荘 学校法人中央大学に移管。
平成13年 4月 男女共学・週五日制実施。
平成15年 3月 新1号館竣工。
4月 第十代校長 金子雄司就任。
平成20年 4月 第十一代校長 三枝幸雄 就任。
平成21年 11月 中央大学附属中学校設立認可。
平成22年 4月 中央大学附属中学校開校。三枝幸雄 初代校長に就任。
平成23年 10月 第二体育館竣工。
平成24年 3月 高校グラウンド人工芝竣工。
平成25年 4月 中学校第二代校長・高等学校第十二代校長 小杉末吉 就任。
平成29年 4月 中学校第三代校長・高等学校第十三代校長 木川裕一郎 就任。

詳細は「中央大学附属中学校・高等学校「校史」1909-2012」(中央大学附属中学校・高等学校 100周年記念事業委員会編)をご参照ください。

学校概要
  • 入試情報
  • 資料請求
  • 交通アクセス