中央大学附属中学校・高等学校

中央大学附属中学校・高等学校

学校長挨拶

学校長挨拶

小杉 末吉

中央大学附属中学校・高等学校校長
中央大学法学部教授

木川 裕一郎

「自主・自治・自律」を基本に、
未来を切り拓く力を育てます。

社会で継続的に活躍するためには、時々の現状を正確に認識・分析し、それに基づき解決すべき課題・目標を設定し、これらを克服・実現することが必要です。
本校の校風である「自主・自治・自律」は、そのすべての段階において基本となる重要な資質であり、かつ社会における現実的な場面で活躍できる人間を育てることを目標とする中央大学の考え方と結びつく、とても重要な理念です。
本校の充実した施設・設備や生徒の個性を尊重した個別的な指導は、自ら考え行動する知性を育むのに最適な環境です。社会に存在する様々な価値観を理解し、取捨選択し、最終的に自分の価値観として構築してゆくことが進路決定には不可欠です。
本校の中高一貫教育では、将来の目標を自ら選択するための基礎知識を身につけ、自律的に考える姿勢を醸成する段階から、個性を生かすことができる専門的学問分野を選択するために必要な知性と価値観を形成する段階に至るまで、じっくり生徒を導いてゆく教育環境が整っています。このような教育環境があってこそ、他人の個性に対する尊重や共感という、社会性の基本となる資質を育むことが可能になると考えています。

自分で決めて、まっすぐ歩む。

自分で決めて、
まっすぐ歩む。

「自主、自治、自律」。
中附の基本精神はここにある。
生徒たち自らの活動を尊重する校風。
自分で、あるいは自分たちで考え、
決める力、そして実行する力をつける。
そこには、楽しいことだけでなく、
むずかしくて大変なことも多いけれど、
だんだんと頼もしい自分ができていく。
実のある学校生活が待っている。
中学生は中学生なりの、高校生は高校生らしい、判断する力と実行する力を磨いて、未来を切り拓ける人間に育ってほしい。
生きていく力を育む学校。
たくましく伸びていく場がここにある。
中央大学附属中学校・高等学校

学校概要
  • 入試情報
  • 資料請求
  • 交通アクセス